紹介画像2-1.jpg

2015年06月23日

マップ制作

ちょっとだけ現在作成中のマップを紹介させて頂こうかと思います。



--------------------------------------------------



まずは、主人公フェイリアの故郷『ノスロティア城』。
150527_1.jpg

城下町全体が壁と天井で覆われ、難攻不落として有名な城。大通りの天井は開閉式で、昼間の時間帯は解放しているので陽光のない生活というわけではない。城内は、居住区・商工区・王政区とそれらを繋ぐ中央区の4つに分かれている。王政区はそのほとんどが城で構成されている。中央区にある中央広場は、城のバルコニーと隣接しており、そこから王は民衆に演説を行うことができる構造となっている。
宰相バルムは、王家の血筋を辱めようと、バルコニーに取り付けられている巨大スクリーンに、フェイリアの恥ずかしい映像を映すという暴挙を企んでいる。



--------------------------------------------------



続いては、本ゲームの主な舞台となる孤島の国『アヴァロン公国』の玄関である小さな港町『アヴァロン国際港』。

150527_2.jpg

海 上艇と魔術飛空挺の両方が泊まれる港だが、海賊が出現し危険なため海上艇の利用は一切なく、ここ数ヶ月は国錬が認めた飛空挺しか停泊できない状態。入国管 理局でビザを発給して貰わないと、この街から外へは一歩も出られない。申請には1週間かかるが、予め連絡しておけば港についてすぐに申請が可能。連絡なし ですぐに申請して貰う場合は、別途料金が発生する。

150527_3.jpg

港の奥には倉庫街がある。アヴァロン公国は関税が高いため、税金を逃れようと裏取引の現場となっている等、何かと不穏な噂が飛び交っている。



--------------------------------------------------



アヴァロン国際港を出て北西に数日歩くと、アヴァロン島パレット川沿いにある国境の町『グラスタウン』がある。
150623_1.png

ア ヴァロン国際港とグラスタウンがある地域は、その地域にある資源を国錬が管理しているため、数年前にアヴァロン公国から領土を国錬に譲渡している。その理 由は、資源を占有しようと入国の際の通行税を高額にしたアヴァロン公国に対し、健全な資源の取引ができないと各国から不満が募り始め、放っておけば紛争に なる恐れがあったため、国錬が介入して領土の一部を通行税なしで入れるようにしたのが経緯。故に、グラスタウンの近くにある関所を通過してアヴァロン公国 の領土に入るには、いまだにとんでもない額の通行料を支払わなければならない。そのため、高圧的な国錬の役人及びその取り巻きと、現地民との間で確執が生 じるようになった。
役人は現地民に高額な税金や劣悪な労働の義務を課せ、反発した現地民はアヴァロン公国領に移住しようとしたが、移住には多額の税がかかるため、低所得者層はグラスタウンを離れることができなかった。
そのせいで、現地民側の発言力のある権力者=金持ちはいなくなり、残ったのは社会的弱者ばかりで、役人による専制政治のような社会構造になってしまった。この状況がさらなる確執を生み、現在にまで至る。

全ては、アヴァロン公国の領主『グラトニー』の支配欲が起因となって、このような歪な管理体制になってしまっていると、ノスロティアの外交官は語っている。



150623_2.png

ま た、グラスタウンは湖畔にあるため、湖ではあるが小さな海水浴場のようなものもある。簡易的ではあるが、シャワールームも完備している。日中は子供達の格 好の遊び場となっているが、夜は若い男女がにゃんにゃんしていたり、反社会的な人達の自己主張の場となっており、役人達は風紀が乱れていると問題にしてい る。が、現地民達は「元気があってよろしい」と、自分たちの若い頃を思い出してか、さほど問題にしていない。



--------------------------------------------------



この他に、主要な街として、アヴァロン公国の首都でもある『アヴァロン城・城下町』や、マフィアが街を牛耳りアヴァロン公国騎士団も見放している犯罪都市『タカマガハラ』があります。
随時紹介して行ければなと思います。



最後になってしまいましたが、重要な告知をさせて頂きます。
諸般の事情のため、現在8月となっております発売日を、年内12月〜明けて1月頃に変更をさせて頂きます。
度重なる発売の延期、誠に申し訳ございません。発売まで、今暫くお待ち下さいますよう、心よりお願い申し上げます。


posted by machina at 04:18| Comment(9) | TrackBack(0) | エデンの屑籠
この記事へのコメント
マップチップ凝ってますね 雰囲気が出るのでいいですね
Posted by at 2015年06月24日 01:15
楽しみに待ってますぜ。

1〜2年程度待つのは慣れてまさぁ。
Posted by edia at 2015年06月28日 21:26
王都だからかマップが滅茶苦茶広そうだな
ダッシュがそこそこ速いか端のマップから端のマップへ行けたりするワープアイテムがほしいかも

ツクールゲーはエターなったと思ってたらひょっこり発売してたりする作品があったりするし最終的にストーリー進行ができなくなるほどのバグがない限り問題はないな
後は体験版を出すとしたら本編で使用可能だといいなーぐらい
Posted by at 2015年07月15日 12:56
コメントを頂きありがとうございます。

ちょっと色々ありましたが、完成に向けて頑張りますので、今後とも御期待頂ければこんなに嬉しいことはございません。


※ちなみに、体験版の段階で出現条件の難しいEDへのフラグが立つイベントを実装する予定ですので、(複数のサブクエストをこなし、且つその時点で手に入るアイテムを全て駆使しないと倒せない、そんな、そこそこ強めのボスを倒すイベントなので)製品版でセーブデータが使えなくなるようなことは、今のところは一切考えておりません。

Posted by 鈴原マキナ at 2015年07月16日 19:19
先日、名刺頂きましたので初閲覧。
せっかくなのでコメントも。
体験版でしかわからないエピソードやアイテムのありか、などが正規品に入ったりすると面白い気がします。
また、他の方もおっしゃられてたマップの広さについても気になりました。
Posted by 焼肉(59年製) at 2015年08月16日 13:53
読み忘れしてたので、解決済みのことも書いていたようです。申し訳!
Posted by 焼肉(59年製) at 2015年08月16日 14:00
焼肉(59年製)様


コメントありがとうございます。
マップの広さについては、広くもなく、狭くもなくを意識して作成しております。
具体例を挙げますと、ノスロティア王国居住区が55*38マス。グラスタウンが58*44マスです。

いずれにしても、広さの割にイベントの数があきらかに少なくなるようなマップ制作は、意識して避けている次第です。
Posted by 鈴原マキナ at 2015年08月19日 00:52
DLSite.comで発売予定とありますがDMMなど他のサイトでの発売はあるのでしょうか?
Posted by シャトル at 2015年08月19日 18:53
シャトル様

コメントありがとうございます。

販売サイトですが、現在のところDLSite.comでの販売のみの予定となっております。

ご不便をお掛けしますが、何卒、ご了承頂けますよう宜しくお願い致します。
Posted by 鈴原マキナ at 2015年08月19日 19:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/134554471
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック