紹介画像2-1.jpg

2015年04月26日

キャラクター紹介 双子の従者『叢雨(むらさめ)』 ※15.10.12改訂

151012_4.jpg

【名前】
叢雨(本名:長妻京子)

【年齢】
拾い子のため、正確な年齢が分からない

【職業】
ノスロティア王国の王女付き諜報員

【生い立ち】
代々、レティス家に仕えてきた忍者の家系に拾われる。長妻家の次期当の腕前を持っており、その際にコードネーム『叢雨』の名を授かる。卓越した情報収集能力の持ち主で、普段はフェイリア付きの諜報活動に勤しんでいる。フェイリアと同じく闘気を使った拳法を使うが、妹・甚雨の剣術には敵わない。

フェイリアには幼い頃から仕え、互いに絶大な信頼で結ばれている。真面目でお堅い性格だが、フェイリアの事となると周りが見えなくなってしまうのが玉に瑕。フェイリアのためなら、どんな危険な任務であろうと喜んで遂行する。その忠義は厚いが、フェイリアが自分の事をコードネームで呼ぶようになったことに、一抹の寂しさを感じている。そんな彼女には、家業を引退してフェイリア に『京子』と幼い頃のように本名で呼んで貰うという些細な夢がある。フェイリアと対立している宰相バルムを嫌っているが、バルムは直属の上司なのでいつも フェイリアとバルムの間で板挟み状態である。

男好きの甚雨とは、双子ながら性格の不一致で仲が悪い。それでも姉妹の絆を大切にしたいと思っており、同じコスチュームにしようよと提案し妹が選んだ露出度の高い服を着ることに。フェイリアに破廉恥だと格好を咎められたが、妹が折角選んでくれたからと人生において唯一フェイリアに論理性を欠く反抗をして断った。一方で甚雨は、意地悪でそういう服をわざと選んだのは言うまでも無く、本人はむしろもっと過激なのにしとけば良かったと後悔しているくらい、着こなしている。


【その他】
性的な拷問に耐えるための性に解放的になる自己暗示の術を使えるが、まだ一度も試したことがない。


posted by machina at 20:25| Comment(0) | TrackBack(0) | エデンの屑籠
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/123764375
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック