紹介画像2-1.jpg

2015年04月09日

キャラクター紹介 王妃『メイユール』 ※15.10.12改訂

151012_3.jpg

【名前】
メイユール・レティス

【年齢】
34歳

【職業】
ノスロティア王国の王妃

【生い立ち】
町医者である父と、父の助手を務める看護婦であった母の間に生まれる。幼い頃より聡明だった彼女は、両親の仕事ぶりに憧れ、母のようなカッコいいナースにな ることを夢見ながら大人顔負けの知識を以て家業を手伝っていた。一見すると温厚な性格に見舞われがちだが、患者を救いたいという強い意志を秘めており、時にものすごい行動力を見せる。そんな命と真剣に向き合う彼女を、今も当時も町の人は厚い信頼を寄せている。

14歳の時に、行き倒れていた青年を救う。その青年こそが、お忍びで城を抜け出した王子(現国王)だった。王子とメイユールはすぐに意気投合し、二人は恋に落ちる。そして、15歳の時に王家に嫁ぎ、まもなくフェイリアを身ごもり溺愛する。

現在、立派な王妃へと、そして母としても成長したメイユールは、その民に優しい思想で絶大な支持を受け、夫である国王と共に今までに無いほどの支持率を誇っている。しかし、王族は政治に口を出してはならないという慣習があるため、大国に攻め込まれないようにと強引な国力増強(重税、他国に対し武力侵略)を由 とする宰相バルム一派との間に確執がある。古い慣習にとらわれ政治に口を出せない王を憂う毎日を過ごす。近頃は自分と同じような思想を持つ愛娘フェイリアが、外遊先や他国の使者の前で"力なき正義"をむやみに振りかざすような暴挙に及ぶのではないかと悩んでいる。娘の考え方に影響を与えたのは明らかに自分自身なので、その責任を感じつつ、いつもハラハラしながら見守っている。
また、大国に攻め込まれている小国の悲惨さを知っているので、いつか、誰かが、世に太平をもたらさなければならないと考えている。多分、その思いは夫である国王や娘よりも"強い"。

【その他】
周辺諸国を含めても1、2位を争う程の、夜のテクニックの持ち主との噂。
その噂は本当なのか……。本当だとしたら、どこでそんなテクニックを覚えたのか……。

皆、怖くて聞けない。


posted by machina at 04:22| Comment(2) | TrackBack(0) | エデンの屑籠
この記事へのコメント
エロ担当キャラかな エロRPGでエロ担当も何もないけど
Posted by 1 at 2015年04月16日 23:37
1様

コメントありがとう御座います。
確かに仰るとおり、エロRPGでエロ担当も何もないのですが……(^_^;)
誰が、とはここでの明言は基本的に避けさせて頂きますが(主人公のフェイリアだけは、エロに抵抗のあるキャラであると明言しておきます)、女性の立ち絵キャラ8人のうち5人が初期段階からエロい性格のキャラとなっております。これには、エロい性格を隠しているキャラや、わざと挑発的な行動をしているキャラも含んでいます。
少々偏っていますが、そこは本作の特色として楽しんで頂ければ幸いです。

残りの3キャラは、徐々にえろえろな性格になっていったり、酷い目に遭うも最後まで抵抗し続ける、放心状態のまま立ち直れない、自決する等、プレイによって結末は分岐しますが、エロに抵抗のあるキャラとなっております。
Posted by 鈴原マキナ at 2015年04月17日 00:06
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/117643169
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。

この記事へのトラックバック